スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民をコケにするのもいいかげんにしてほしい

今回の原発事故に関して、一番問題になっているのが政府の隠蔽と言っても過言じゃない。

ずさんな管理や終わりきってる安全基準、利権のズブズブがあるとわかってもなお、
原発事故自体に対しては、日本人は儒教精神をめいっぱい発揮して、
その存在をこれまで許してきた自分たちを反省しつつ、誰を責めるでなく、
「これからどうするか」という前向きな姿勢を示してきた。
除染だって被災者が主体でやってる。
交通事故の被害者が事故現場の掃除するようなもんで、
ふつう考えたらあり得ない。

それを黙ってやれる国民だから、何があっても復興できると思う。
3月のむちゃくちゃやばい時から、それだけはそう思っていた。

ただ、その努力を賽の河原の石積みのごとく蹴散らしているのが
保身・利権・賠償責任の回避最優先で隠蔽に隠蔽を重ねてきた
政府・行政・東電の対応。
彼らは人々が自衛手段を取ることすら、「パニック回避」を言い訳に
可能な限り妨害してきた。
自衛しようとする人たちを、正気を失った愚か者か非国民扱いする
鬼畜ぶりで。

メルトダウン隠しがバレて、いいかげんに信用を失いはじめたところで
透明性だの情報公開だのを歌いはじめた政府・行政・東電だが、

月一度の行程表会見にしか姿をあらわさない西澤社長は
前回の会見でも早々の退席。
「今西澤社長に他に重要な用件とは何があるのか」という
質問も出たが、
「その答えは控えさせていただきたい。ご理解願います」という
正体不明の答え。理解できるか、そんなもん。

交通事故の被害者が事故現場の掃除しながら、
どうなってるんだと加害者側に電話入れたら
理由も言わずに電話切るようなもんだ。
考えられない。

そして、同様にびっくりなのが細野大臣。
統合会見を週二回に縮小しといて、ほぼ毎回遅刻か早退、あるいはその両方。
先日の会見なんぞ、出てきて五分で帰った。
細野大臣関係の質問は全て
「大臣まだいらしてませんので」と横槍が入っており、
記者さんたちも質問できる機会を待ちわびていたのにも関わらず、
来て五分で帰ると言う。

五分て何だよ?
いやマジで。

その状況で、「時間がなくてもここに来た私の気持ちを汲んでほしい」とまで
抜かせる辺り、さすが細野俺様大臣様だ。

本当に意味がある仕事をやってて忙しいなら、そう言えばいい。
どう考えても往復の移動時間だけでその十倍ぐらいはかかってるはずだろう。
五分のためにそんな時間を使うって、
神経を疑うとか頭悪いんじゃないのとかいうレベルの話じゃない。
これなら無政府状態のほうがマシなんじゃないかと思わされるレベルだ。

原発事故自体、放射能汚染自体はさておくとしても、
政府がこんな状態であること。それだけで十分亡国の危機だ。
だというのにテレビでは相変わらずそんなことは伝えない。
国民はこれにブチ切れてしかるべきだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。