スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月19日行程表会見まとめ2 ステップ2どないやねん

2. ステップ2では何をするのか

ステップ2の目標は「冷温停止」。定義に関しては以下の通り。
・ 圧力容器底部の温度がおおむね100度以下。
・ 格納容器からの放射性物質の放出が管理されている。
・ 追加的放出による公衆被爆線量を大幅に減らしている。
(これは1mSv/yearを目指す、ということ)

これらに関しては、ツッコミ殺到。

<冷温停止に関して>

・ そもそもその定義って誰が決めたのか?(答・色々な専門家と色々話し合った)
・ 専門家って誰(答・色々な人たち。何回聞かれても色々な人たち)
・ 最終的に冷温停止ができてるかどうか誰が判断するのか(答えなし)
・ メルトスルーした燃料がどこにあるのかわからないのに、圧力容器底部の温度が
 下がったからって何か意味があるのか?
 (答・2号3号では「たぶん」燃料の大部分が圧力容器下部にあるので、
 それで効果的だと思ってる)

注・2、3号では水位計の校正すらまだできていない。
1号で水位計の校正前後で「燃料半分ぐらい損傷してるだけ」から「メルトスルーしてた」に
話が変わったことを考えても、この「たぶん」の根拠説明が必要不可欠。

・ 以前の行程表では、原子炉循環注水冷却に熱交換器を用いる、というものになっていた。
 それが今回の行程表では却下されている。
 熱交換器を用いない冷却の場合、冷温停止までにかかる時間がムチャクチャ長くなるはずだが、
 どの程度長くなるのか。計算式を出してほしい。
 (答・長期的な話に関しては今後考えて行く。とりあえず今後3-6ヶ月で可能と見ている。
 これは東電の計算。保安院は確認等をするだけ)
 「東電から持ってきて出せ」という追加質問で終わり。


<放出管理に関して>

・ 格納容器の修復だとか、原子炉を物理的な壁で包まずして「管理してる」と言えるのか。
・ 「閉じ込める」機能を回復する気はないのか。格納容器修復の目処は?
 (東電答・冷却水の温度を管理し、放射線放出量をモニターしていれば、「放出管理」は成立する。
 物理的な壁は特にいらない)

つまり「五重の壁」ってのは単なるオマケにすぎなかったのか…!!!!!

(その少し前に、細野さんはこのステップに関して、
「たとえば原子炉の圧力を低くすることで外に空気が出て行かないようにする等、
技術を集結して実現にもっていく」と言っている。
炉内を負圧にしようと思うとどうしても壁がいるんじゃないのか???
政府と東電で言ってることが違うんだけど、ちゃんと詰めてあんのか?)


<追加的放出による公衆被爆線量について>

上でも触れたけれど、「1mSvを目指す」という表現がかなりの反論を呼んだ。
最初にこれに触れたのは細野さん。
「これは、1mSvにまで持って行くということ。
これだけ破壊された状況で、通常時の基準値に持って行くのは簡単ではない。
しかし、これができなければ冷温停止と納得してもらえないので、がんばってやる。」(要訳)
というような表現だった。

でも上で触れたように、
「えっ、この1mSv/yearと公衆被曝限度の基準値の1mSv/yearって
実は何も関係なくない?」という違和感から質問が殺到した。

対する回答は主に保安院のもりやま氏から出たが、彼は
「これはステップ2の中で施設として目指す数値」であり、「長期的に」
「バックグラウンドを下げて行く」のは今後長期的な課題として考えて行く、
というようなものだったんだけれど、
「じゃあ公衆被曝限度と特に関係はないんですね」という確認に関しては
皆が返事を濁し続けた。

「バックグラウンド」という表現がやたら使われるのも気になる。
まるで自然放射線と同様かのような喋り方をされているけれど、
これは今原発から飛んできた放射能以外の、
つまり今日までに飛んできた放射能からの線量も含まれている。

ステップ2が終わった時点で「新たに出てきてるものが1mSv/yearになったから、これで通常状態だね」
ということにしたかったんだよね。
細野さんがその点をわかってたのか、単に二つの数字の差を知らなかったのかは知らんが
なきゃ「いや、これは無関係な数字です」で済んだわけだから。
それを認めようとしないから、回答がどんどんまどろっこしい正体不明のモノになって行った。
また、モニタリングポストの線量がなんて言ってようが、よくわからん計算をして、
「今出てきてるやつは1mSv/yearだからオッケー」となる可能性も心配される。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。