スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄海原発再稼動関連3 住民説明会の前フリ 大まかな流れ

6月20日から26日ぐらいまでの流れ

さて。6月18日に海江田経産相から「再稼動してちょ」と要請のあった原発だが、

玄海地方では色々ともめていた。

ここでまず主役になったのは唐津市。

玄海原発から10キロ圏にある。


大きな地図で見る


6月20日、保安院と安全院が市議会の特別委で「安全性は確保された」と「説明」した。

五時間半に及ぶというやり取りのほんの一部しか公開されてないけれど、

それを見た限り、ろくな「説明」はない。

重用な質問に対する答えは例の如く、答えになってない。

(これに関しては後にまた触れる)

唐津市議会は「ふざけんな」とかなり強く答えたらしいが、

どーも彼らが基本的に狙ってるのは

九電との「安全協定の締結」らしい。

それがあると補助金とか雇用とか色々まわってくるのかもしれない。



同日、県内の市民団体から、「県民に対する説明会」を求める要請がある。

同じ要請は、県に対しても提出されている。

翌21日、エネルギー庁が佐賀県の要請で準備していたとかいう

説明会の概要が明らかになる。

国が選んだ4,5人を相手に国が行う説明をケーブルとネットで中継、

ファックスその他で意見を受け付け、

しかしメディア取材禁止、

という概要には公表された瞬間からブーイングが殺到している。

にも関わらず22日、唐津市議会は、

「国からの説明があるから県の説明会はいいでしょ」と

市民団体からの要請は否決している。



その後、ニュースが広まるとともに(23日ぐらいからグーグルニュースのヒット件数がかなり増える)

ブーイングが広がって行ったためか、

その後唐津市長が「もっと参加人数増やして」と発言を始める。

市長も「安全協定締結」をしきりに求めている。




佐賀県議会では、21、22日ぐらいにこの国の説明会をめぐってかなりモメたそうな。

「これはないだろ」とする六会派 対、

「とりあえず説明会見てから決めりゃあいいじゃん」という自民与党で話し合いは決裂。

佐賀県議会議長が通産省に、パネルの選択方法など詳細の公開を求め、

反対派は24日に改めて県主催の説明会開催を要請している。



どうもこの話題が全国に広がったのは23、24日のようなんだけど、

この説明会はどの新聞も批判から入ったようですごい逆風になった。

唐津市議会、佐賀県議会の双方の様子からその影響が感じられるけれど、

モロに出てたのは古川知事かもしれない。

この頃知事は「迷っている」と公言してるし。


まあ、色んな人に色んなこと言われて、ワケわかんなくなってんだろうなあ。

古川知事の個人的こだわりは、「なんで浜岡だけ停めたの?」ということらしい。

彼にとって府に落ちない部分がそこに象徴されてるみたいだ。

福島の事故に関しても電力会社とか御用学者たちから

「いやいやいやいや、玄海では起こりませんよ、だって××××が○○○○で△△ですからね(専門用語の嵐)」

みたいな話をされまくってんのかもしれない。

テポドン打ち込まれても大丈夫とか胸張って公共の場で言う奴がいるんだから、

知事と二人の席ならそれぐらい言う奴いくらでもいるだろう。

「格納容器は核爆発にだって耐えますよ」(嘘)とか。

しかし彼なりに、「それがもし本当だとしたら、何で政府は浜岡停めたんだよ?」

ってとこがものすごく気になっているようだ。



また別に詳しく述べるけど、

マードックに買われて以来FOXと足並み揃えて基地外っぷりを見せてくれることも多い

ウォールストリートジャーナルが、腐っても鯛なジャーナリズムみたいなのを見せて指摘していたが、

法的に言えば、唐津市議会にも市長にも玄海町長にも佐賀県議会にも古川知事にも

原発の再稼動を止める権限はない。

「ただ日本ではコンセンサスが重要視される」と。

外から見るとそういうことになるんだろうなあ、と思う。



状況が状況なら、一部のコンセンサスなど無視されるに違いない。

ただ今、南相馬や飯舘のような小さな自治体が世界から注目を浴びたりした後で、

地元・周辺自治体の反対を押し切るのは危険すぎるんだろう。

今、「がんばろう日本」に賛同している人間の全てとはいわずとも大部分が

反原発に転じれば、日本の原子力産業は終わる。

「がんばろう日本」の主旨からしても、今ここで地元の反対を無視すれば

制御できないような反感に発展する可能性が高すぎる。


そういう意味で、法的な問題ではなく純粋にPRの問題だから、

主役は誰でもいい。古川知事でもいい、唐津市長でもいい、玄海町長でもいい。

より多くの賛同者を得られれば勝ち、という話で。



どうやら主役に選ばれたのは古川知事だったようで、

鶏が先か卵が先か―彼が主役に選ばれたから圧力がかかったのか、圧力に靡いたから主役に選ばれたのか―、

それとも圧力など全くかからなかったのかは知らないが、

彼は徐々に容認の方向へと傾いていく。

26日の説明会がありとあらゆる方向から大ブーイングを呼んだにも関わらず、

古川知事だけは「一定の説明はされた」と評価し、

そこに玄海町長が加わる。


松龍の話題で世間がにぎわっている間に、再稼動への動きは着々と進んでいたけれど、

九電やらせメールのスキャンダル浮上で流れが変わった、というような流れだと思う。

けど後半に関しては詳しく調べてないのでまた後ほど。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

umi238

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。