スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WHOの基準値


WHOの基準値について、やっと今日、一応確認することができた。

通常、自然界で発生する放射能に対しての基準値が、飲料水の場合10Bq/L。

原発事故から一年以内の環境には適用されないらしい。

日本の暫定基準値は300Bq/L。

さて、これに対して「こんなの全然安全レベルだよ」と言う人たちの根拠となっているのが、

IAEAのOperation Intervention Levelの数値。

それでは、3000Bq/Lという制限が設けられている。

これに比べると日本の基準はゆるい、なんて言ってる人たちがいて、

なるほどWHOも福島のレポートに「IAEAのOILと比較して日本の暫定基準は低い」とわざわざ書いてある。

これを、「国際基準と比較して日本の暫定基準は低い」と訳している人がいた。


しかし、このOILって何なんだよって話である。

日本語に訳すと運営上の介入レベルとなるらしいが、それはいったい何なのか。

IAEA自身は、緊急事態宣言が出されるような状態だと言ってた気がする。

それに関してはWHOにもう少しわかりやすいモノがあった。

これだ。

福島に関してのFAQ。「日本の水を飲んでも大丈夫?」という質問。

状況は刻々と変化してるから、はっきりはいえない、的な回答とともに、

基準の表が乗せてある。

左から、基準、基準値、その水を一年飲み続けるとどうなるか。

行が上から順に、WHO平時基準、日本暫定基準値、日本暫定基準値(乳幼児)、IAEA OILというもの。

3000Bq/Lの水を一年飲み続けたらどういうことになるか(ほかの数値に関しては飛行機の旅程や

レントゲンにたとえてある)に関しては、「該当せず。これは飽くまで初期対応の時期に、

対策がとれるまで一時的に適用されるべき最大限の数字である」とある。

さらに別の場所にWHOのプレゼンテーションがあったのだが、OILに関する想定としては、

乳幼児および妊婦がその環境にさらされるのは七日間となっている。

つまり、七日あったらそういうところから乳幼児と妊婦は避難させられるだろ、ということだ。

その間、飲み水や食料が不足することのほうが問題だというわけで、確かにそれはそうである。

七日間3000Bq/Lの水を飲み続けても、その後きれいな水を飲み続けられるのなら、

その被害は水を飲まなかった場合に比べてずっと小さいと、そういうことなんだろう。

当然、今の日本の暫定基準とIAEA OILの基準値を比べるのはナンセンスである。



ちなみに、WHOの食品安全基準によると原発事故後国際取引されてよい食品は、

ヨウ素131で100Bq/Kg (確か水に関しても同じだった)で、

そこにはこれ以下なら安全ですというお墨付きがあった。



と見て行くとよくわかるが、IAEAにしろWHOにしろ事故の想定は過去の事故を元にやってるので、

短期間で事態が一応収束することを前提にしている。

今回の日本のようにどれだけ漏れてるかもわからない状態がとりあえず二ヶ月続いていて、

さらにあと何年続くかよくわからない、という状態は全くの想定外。



その状態で。

野菜の基準値なんかはWHO真っ青の2000Bq/Kgにあげる、

子供の外部被曝に(保育園とか託児所にかよう幼児も含めて)20mSvという基準を適用する、

海開きはする、

みたいなことを同時にやってる状況で、300Bq/Lはやはり危険だと思う。


まあとかにく、データがないんだよね。被曝に関してはね。

だから結局主観の話になっちゃうんだよね…。









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

umi238

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。