スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的な原発に対する考えかた


今回の地震と津波はまるっきり外から見ていたわけやけれど。

自分の震災の被災経験がフラッシュバックしつつ。

原発問題が持ち上がった当初、わたしは
「たぶん、小規模から中規模の放射能漏れ」と踏んでいた。

でも、最悪のシナリオはこうやねんで、
こうならんかったんは運が良かったからやねんで、
という点は主張したかった。
(そこを考えへんで原子力エネルギーの正否は語られへんと思う)

ほしたらぽろぽろ事態が悪化して、
正直、「あ、これ逝くかもな」と思った。

核爆発はないにしろ、炉心の床が抜け落ちて、
格納容器の破損を通して、放射能ががっつり漏れ出すとか。

そうなったらポンプの確認とかやってられんやろし、
使用済み燃料プールの放水とかもやってやれんやろけど、
「もし」そうなったときの方策を政府が取っているという確信が
まっっっっったくも持てなくて、
ホンマにホンマに逝くかもしれん、と。

色々といらん覚悟をしてしまった。


個人的に、原子力というのは神の火やと思う。
一切挑戦すんなとは言わん。理解しようと試みたらあかんとも思わん。

けど、利益優先でコストカットとかしながらグダグダに運営されたりしたら
絶対にあかんもんやろうとも思う。

むしろ、どう考えても割にあわんのを承知で、
ひとつの大陸にひとつの原子炉とかそれぐらいの割合で、
それでも原子力というエネルギーを正しく理解するために、
完全に安全なシステムを構築するために、
何十年あるいは何百年という時間をかけて
慎重に慎重に育てられるべき技術なんちゃうかな、と思う。

原発がなかったら電気が使えんやろ!
という人には、使わんかったらええやん、と思うねんけど。
別に全く使わんというところまでいかんくても、
今の電気の使用量の25%なんてホンマにいらんとこ削るだけで
出てくるやろ、と。

ちょっと電力のない生活に慣れると、
どれだけふだんの生活がいらない電力に満ちているか気付いたりするから、
計画停電は逆にいい効果を生んだりするかな、とも思ったけれど、
それはちょっ期待しすぎやったらしい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

umi238

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。