スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎知識3 被曝の単位


最近反論が多いそうだけれど、被曝量の単位。
出てくるのはマイクロシーベルトやミリシーベルト。
1時間あたり1ミリシーベルトのところに10時間いると10ミリシーベルト被曝する。
被曝量との健康被害との関係は数字が微妙なので、
国の基準をあげておくと

・一般人が一年間に浴びてよい人工放射線の限界: 1ミリシーベルト
・放射線業務に従事する妊娠可能な女子が三ヶ月以内に浴びてよい人工放射能の限界: 5ミリシーベルト
・放射線業務に従事する人(妊娠可能な女子を除く)が一年間に浴びてよい人工放射線の限界:50ミリシーベルト
・放射線業務に従事する人(妊娠可能な女子を除く)が五年間に浴びてよい人工放射線の限界:100ミリシーベルト
・放射線業務に従事する人(妊娠可能な女子を除く)が一回の緊急作業で浴びてよい人工放射線の限界:100ミリシーベルト


福島原発二号機と三号機の間では、毎時400ミリシーベルトの放射線が検出された。
東電は「正門では放射線が強すぎて観測作業員が危険だから」
観測地点を西門に移しているので、
今のところ原発から出てきている数字というのは、敷地内でも比較的
放射線量の低い位置で観測された数字らしい。
この辺がまた微妙。

やっぱり被曝量モニターとガイガーカウンターつき携帯でしょう。
カメラ外してもいいと思うな。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

umi238

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。