スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎知識2 放射線の健康への影響


基礎知識2 放射線の健康への影響

これが微妙なトコですわ。人によって言うことがちゃうもの。しかもかなり違う。
たとえばアルジャジーラもそうやねんけど、テレビのニュースは通常の何百倍かの放射線が観測されたけど
「すぐに健康的影響にはつながりません」という。

ちょっと気になる表現ではある。「すぐに」ってどういうこと?みたいな。

ところがwikipediaを見ると、「致死量の放射線を被曝していてもすぐには症状が現れないため、
核爆発を伴わない臨界事故や放射能漏れにおけるトリアージは、
症状やバイタルサインでなく被曝線量の推測に基づいて行わなければならない」

エエエエエエ???
すぐに健康的影響はナイって、なんの慰めにもなってへんやん!!!

急性症状でも数週間後、遅いと数年後から二十五年後ぐらいにまでなるらしいです。
だから現場の作業員さんは被曝量を機械でモニターするわけですな。

ある人は400mSv(ミリシーベルト)で白血病になる、と言ってるし、
致死量にしてもある人は 5Sv(シーベルト)以上=命の危険・逃げる、という「教訓」を
さずけているけれど、
別の人によると3000mSv (=3Sv)から5000mSv (5Sv)の被曝で50%の人が死亡、としている。

(ホンマやったらどない考えても3Svよりだいぶ前に逃げなアカンやろ、それ)

100mSvがどれぐらい危険なのか、なんで人によって言うことが全然ちゃうねんコラ、
と思っていたら、wikipediaの「被曝」によると考え方が二つ、
・一度に大量に被曝した場合確実に発生する症状 と、
・確率的に発生する症状(癌とか白血病) があるそうで、
人によっては後者を含んでいるし、人によってはどうも前者しか見てないらしい、と。

後者では、1シーベルトで5%の人が癌になる、という数字が出ているとかいないとか。



わたしは個人的に、この数字は甘めなんちゃうかなー、と思っている。
ちょっと前、原爆症訴訟について調べたことがあって。
というのも、
「被曝後60年間もぴんぴんしてきた人が、80過ぎて癌になったからって
原爆症って認めてくれっていうのはない」
みたいなことを言ってる人がいて。
ま、そらそうやな、と思ったからで。

それで結局、原爆症訴訟の判決文にたどり着いたんか。
それ読んでびっくりですわ。

原告の人は、当時まずいかつい被曝をしたと。
急性症状で下痢だの全身から出血だのしたと。
一緒に被曝した人は三日後に亡くなったと。
それ以来、大病に続く大病を病み続けて、
癌も二種類やってて、それもこっちからあっちに転移したんじゃなくて
医療的に無関係と言われているもので。

ただ、それらの病気は原爆症の症状として認められてきた病気じゃなかったんで、
原爆症認定がもらえなかったと。

いや、それ、どない見ても原爆のせいでしょ?たぶん大病のうち八割九割は。

どこかに書いてあった言い訳というか弁護というかによると、
なにせ大量被曝に関してはデータが少ないと。
チェルノブイリが起こるまでは、全くわからなかったこともあったと。
チェルノブイリが起こって初めて原爆症の対象も広がったそうなので、
つまりは国際的な基準には従っているということ。

ということは、
最近まで認定訴訟をやっていたこの原告の人が病んだ大病のほとんどは
被曝の症状として国際的な学会にも強く認識されてない可能性が高い。
(もし認識されてたら認められていた可能性が高い。
けれどこの人は訴訟でも負けて控訴してた)

だから、健康被害の限界は低いところに置いといたほうがいいと思う。
国が定める個人がさらされていい人工放射線の被曝量は1年あたり1ミリシーベルトだ。

どれぐらいの時間で浴びるかとか、その人がどれぐらい健康かによっても違うらしい。
幼児への影響は10倍と言われている。

ところで、福島県がアドバイザーにやとった山下氏とやらは、

――福島市でも1時間あたり約20マイクロ・シーベルトの放射線を観測している。
という質問に、
「人体に取り込まれる量はその10分の1の2マイクロ・シーベルト程度か、もう少し小さいかもしれない。これから環境省のモニタリングから計算して甲状腺の被曝線量を算出する。50ミリ・シーベルトを超えた場合に、安定ヨウ素剤の配布が始まるが、それだけの被曝線量を浴びるということは考えにくい」

と答えてるけど、よくわからん。観測されてるのはガンマ線・x線じゃないのか?
だったら体内しっかり通り抜けるだろうよ。
体内に取り込まれるのは放射性物質のほうだろう。

――外から放射線を浴びる場合はどうか。
「世界中には、自然放射線の強い地域があり、10~50ミリ・シーベルトというデータがある。そういうところでもガンになる可能性はない」

あらあら、断言しちゃった。wikipediaによると説はいろいろあるらしいぜ?

こういういーかげんなことを言うから不安になるんだよなー。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。