スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興・復興・復興


うちも神戸で家が一瞬でぶっ潰れて家族全員命からがらだった。

だから、被災地の話はマジで他人事じゃない。

しかし、具体的に「復興」というには時期尚早な気もする。



震災から一週間以上経った頃にもまだ、20リットル入りのポリタンクが

片手で軽々と持ち上げられたのを覚えている。

アドレナリンがまだそれだけ出てたんだろう。

地震の直後、うちの両親は犬を救い出すため、

素手でトタンの壁を剥がしている。

数日後、でかいおっちゃんたちがバールを使っても手こずったトタンの壁を。

脳はまだサバイバルモードにあったということだろう。



ああとりあえず生き残ったんだな、という実感が湧くまでに二週間ぐらいはかかる。

それから「生き残る」ことから「とりあえず生きる」ことへ焦点が移り、

本格的に復興だのなんだの、先のことを考えはじめられたのは数ヵ月後だった。

もちろん、どれぐらい怖い思いをしたかにもよる話だけれど。



神戸では被害はかなり局地的だった。海側の平地の比較的細い帯に大きな被害が集中した。

しかも神戸は比較的裕福な土地だ。それでも、こうだ。

津波の被害は想像を絶する。

目の前で人に死なれた人。

助けようと思えば助けられたかもしれないという思いを胸に抱いている人。

ふだんの生活の中でそういう壮絶な思いを抱えている人に、

「とりあえず生活建て直しなさい」なんてなかなか言えない。

思いを整理する時間を彼らは必要としているんじゃないだろうか。

ましてや原発問題が何の好転も見せないまま、

これから土地がどのような被害を受けるかもわからない状態で

その土地における復興を促すのって、どうなんだろう?

ここで必死になって生活を立て直そうとして、畑に作物を植えたりなんだりして、

それでまた「この土地には今後二十年は住めなくなります」なんて言われたら…?


自殺した福島の農家のおじさんは、有機栽培を何十年もやってきた人だという。

有機栽培のための土地づくりには何年も何年も時間がかかると聞いた。

それがダメになってしまったショックは確かにあるだろうけれど、

彼の持っていたノウハウは他の土地でも貴重な宝物となったかもしれないのに…。

そこに彼が生きる希望を再び見い出せたかもしれないのに…。


たとえ政府にその気があったとしても、今の状態でどうもできないのはわかる。

放射能漏れが今後どう推移してどの程度続くのか、誰にも正確な予測は立てられない。

もし台風の季節になってもまだ放射能漏れが続いていたら?

かといって、実際に被害が確定するのでもない限り、

どうやって人々にふるさとを捨ててよそで耕作しろなどと言えるだろう。


ああしかしだからこそ今、正確な情報の開示が必要なんだよな…。





スポンサーサイト

CNIC emergency conference summary


My most trusted source of technical info on this nuclear incident has been Dr. Goto.
He's an ex-Toshiba engineer, a designer of nuclear reactor containment vessels.

He's made a series of presentations explaining what he believes has been happening at the Fukushima plant, making it very clear why he believes so.
He's been saying for some time that the reactor cores probably have been breached, based on data released by TEPCO and the gvt.

Recorded temperature and pressure levels contain figures seriously exceeding their design values.
For instance, the pressure on the containment vessel in reactor no.1 has reached 0.8MPa, when the vessel is only designed to withstand up to 0.4MPa. (Under normal operation pressure is 0.1MPa)

TEPCO argued that the pressure vessel is made of thick steel and is solid. Goto san then released data from stress-tests performed on flanges and gaskets. It clearly showed that they leak when exposed to the kind of tempreture and pressure. Highly radioactive water found on the floors of reactor buildings 1 to 3 is the evidence.


He and ex-Hitachi engineer who managed a team working on No.4 reactor at Fukushima, Tanaka-san, held an emergency press conference on the evening of 26th Mar 2011.

From the info released by the PM's Residence, they've discovered data suggesting reactor no.1 experienced a total loss of the reactor coolant, probably due to a rupture on at least one of the main pipes on the 11th.

Supposing that one of the main pipes did rupture. Inside the pressure vessel during normal operation is around 270 degrees Celcius and about 7MPa. So this high-pressure steam would pour out from the pressure vessel into the containment vessel, raising the pressure of the containment vessel.The pressure inside the pressure vessel would drop, as well as the water-level inside the pressure vessel.

The graph Tanaka-san has plotted from data released by the PM's Residence shows just that happening to reactor No.1 few hours after the earthquake. Tanaka-san says any engineer monitoring these figures at the site totally would and should have been able to spot what happened.

'The sudden loss of coolant inside the reactor is the worst nightmare for nuclear reactors,' says Tanaka. 'It's never happened before. And as if that wasn't bad enough, ECCS didn't work.'

The control rods were inserted and nuclear fission chain reaction was stopped.
However, even when the chain reaction is stopped, uranium and the fission products continues to undergo radioactive decays, producing enormous amount of heat (spent fuel rods must be cooled inside circulating coolant for 2-5 years). When exposed, fuel would produce enough heat to melt itself.

Normally under such circumstances, emergency coolant circulation system would kick in to keep the fuels cool. But this time the system didn't work due to power-cut and the loss of generator by the tsunami.

TEPCO used to boast about its 5 layers of shields against radiation.
1. Zirconium casing around the fuel rod
2. The pressure vessel
3. The containment vessel
4. The reactor building

Where's no.5....?
Oh, oh yeah, I fotgot! No.1 isn't Zirconium casing, it's the fuel pellet itself.
I don't know how a lump of radioactive substance can shield radioactivity, but that's what TEPCO says so there.

Zirconium melts at about 2000 degrees celcius. It also reacts with vapour to produce hydrogen. So it's at a serious risk when coolant is lost from the reactor.
If coolant is lost from the reactor then the pressure vessel is already breached.
The containment vessel is most definitely damaged after the high-pressure steam had hit it as shown by stress-test data.
And the reactor building... I don't know if you remember watching the news of reactor building blowing up, but I'm sure the experts have explained that the building isn't there to contain radiation anyway so that was OK.

It means radiation isn't contained whatsoever. Which makes the plant very unsafe.
More over, if Zirconium did melt, it could cause hydrogen/vapour explosion and severely damage the containers. Reactors aren't designed to withstand a hydrogen explosion. If containers get severely damaged, it could've been another Chernobyl or a lot worse.

Apparently, if you were a pro and you saw the data these are the things you would instantly think about. But they only kept calling for calm, only evacuated people living inside 3km radius. The evacuation zone was expanded to 10km then 20km next day AFTER the hydrogen explosion.


He said there were two implications, one is social and one is technical.
The social implication, if I may summarise in my own words, is that the government or TEPCO can be trusted to give you a warning when there are serious risks. In fact, they're more likely to be giving you an impression that everything is OK.

The second technical implication he made wasn't too clear to me. He talked about the possibility of one of the pipes at a relatively low position in the reactor being ruptured. That would mean all the water you pump in will leak out through the rupture.
He also talked about the increased likelihood of molten fuel gathering at the bottom of the pressure vessel. He seemed to personally believe that the molten fuel was melting down the pressure vessel as we speak.


It freaked me out for a good day.
But I'd come to believe (perhaps because I want to) that the world will not end quite yet. Not sure how bad things will get, but I think the process is likely to be a slow and gradual one - which means we can do things about it. It may come to that the whole world will have to come together to make sure our children are safe or the survival of whole human race will be threatened.
There really is no time to waste on freaking out - there's so much to do.

The evacuation zones must be adjusted according to possible imminent dangers and SPEEDI forecasts.
People outside the evacuation zones should also be prepared to evacuate if they need to.
The government is probably overwhelmed with humanitarian operation and the nuclear power plant, so it will have to be a bottom-up effort. Local communities will have to take the initiative in making evacuation plans, and we must get the government to support that.

I believe that with the current unity and resilience the Japanese people are showing, (which is now directed at silensing people who speak up against the dangers of nuclear power) it is possible to organise something like that, but TEPCO's got to stop playing a silly game that nobody, even themselves, don't find funny anymore. And the government has to start exhibiting some real leadership.

We can do this. We can over come this and make the world a better place than it was before the earthquake and make something positive from this devastating tragedy.

But the first step is transparancy - we all need to be on the same page.



すげえな東電


今海外のPRコンサルタント(メディアの質問をどううまくはぐらかすかを
テレビに出なきゃいけなくなった大企業役員とかにトレーニングしてくれる)は
東電と保安院と政府の会見をしっかり見るべきだろう。

特に東電の武藤副社長は見事だ。
まず、抑揚のないくぐもった声。なに言ってるかよくわからん上、
まったく集中力を喚起しない。どころか拡散させてゆく。
あれは一種の才能だろう。

「なんで俺がこんなトコでこんな奴ら相手にしてなきゃいけねえんだよ」
というオーラの格納容器には少々破損があるらしい。
たまに生意気なことを言う記者を睨んだりする目には
なかなかの迫力が感じられるので、
あの喋り方は演出だろう。

この状況であんな目でにらまれたら、
わたしならどついてしまうかもしれない。
傷害でつかまりたくはないので
便所スリッパで顔をはたくにとどめたいが。

東電の広報担当諸君も、なかなかやってくれる。
橋龍もどきのまるで転んで泣いてる子供相手に
「そうか、痛いか、かわいそうに」
とでも言いたそうな表情を作っているのが、
その「いかにも演技です」ってとこから
奴の面の皮の厚さをひしひしと感じる。
海外のエリートは絶対バカのふりとかはしたがらないから
ここまで質問に答える能力がないことを露呈したがらない。
しかしバカのふりをすることで逃れられる追及がある、
というのはPRコンサルティング業界の新たな常識になるかもしれない。

そして東電、保安院と政府の連携プレーは
まさにキリスト教の三位一体並に正体不明である。
「大丈夫大丈夫」と「本当はヤバイ」というニュースの
混ぜ具合が絶妙で、さらに誤報だの個人的解釈だの、
真面目に追っていると腹がたってきて相手にしたくなくならせる辺り
なかなかすばらしい。

国民もいいかげんに不信を抱いたりしてるようだけれど、
原子力危機がこれだけ続いて、
隠蔽、隠蔽、事故、隠蔽、状況の悪化、誤報(虚偽?)、が続いて
暴動が起きてない時点で不思議なぐらいなんじゃなかろうか。

よくこいつらが上で指揮とっててまだ日本が死滅してないもんだと
関心していた。
ひょっとすると現場にはすげー男前な親方がいたりするかなー、
と昨日辺りからなんとなく思っていた。

なんだかんだいって、俺が責任取るからって
腹括って覚悟決めて動いてる人がいるような気がしていた。

やっぱりいた…?

http://diamond.jp/articles/-/11628

吉田所長~!!!!!!!!!

チクショウ。たぶん現場には今こういう人たちがいるんだよな。
なんでその人たちが命かけてやってることをこうも
無残に踏みにじるようなことができるんだろう。

よくわからない感じで建設的になってみる


昨日の緊急会見以来、一日右往左往していた。
できもしない計算をしてみたり。
明日帰るってのに荷物も作ってねえ。チケットも変更してねえ。
本当に明日帰るんだろうか?かえらなそうだなー(笑)


さっきフルメルトダウンが起こった場合をリアルに想像してみた。
先に結論を言ってしまうと、けっこう落ち着いた。
なんというか、フルメルトダウンとか再臨界とか言われると
怖すぎて思考停止してしまうが、そのせいでよけい怖いわけで。
ちゃんと考えてみれば、けっこう落ち着ける。


よくわからないのは、ホウ素を混ぜた使用済核燃料を
その辺で空気にさらしてたらいったいどうなるんだろう、という点。

崩壊熱が半減した後も万年単位で相当の熱量を維持していくという燃料だが、
キロワットとかキロカロリーで言われても見当がつかん。
でもまあずっと放っておけば溶けるよな。気化したりすんのかな?
うーん、原子力ってやっぱりよくわからない。
しかしまあ、そこまで最悪の場合になったらチェルノみたいに
液体窒素ぶちこんでコンクリで固めるのか。

フルメルトダウンが運悪く風向きの悪い日に当たりさえしなければ、
上手くいけば東京も比較的無事でいられるかもしれない。
半径二十キロが妥当じゃないことはSPEEDIの試算からも明らかで、
そんだけ意地と金をかけて開発してきたんだから
SPEEDIの試算に合わせて避難範囲を(円は描かないでいいから)
変更しておくことぐらいはすべきだろう。

そして予備的に、その外の地域にもヨウ素剤などを配布し、
住民にはいざというときには避難できる体制を整えておくこと、
自治体に住民を避難させる体制を整えておくこと、
なんかが必要なんだけど、
まだ「救助」の段階を抜け切っていない地元では
まあそんなことできんわな……。

いや、でもだからこそ。
今地元の人たちがお互いを確認して、
誰が避難してて誰が残ってるのか、
残った人たちをどうやったら効果的に輸送できるかとか
(どの車に誰が乗るか、できるだけバラバラに
逃げる人たちがいないように)
いざというときに必要なガソリンの量を計算して
国がそれを用意しておくとか、
地域に出入りしている運輸会社とネットワークを
作っておくとか
そういう手立てがものすごく必要になってくるんじゃないか。

それをやってくれていれば、いざというときに
どうしても自分は全財産持って逃げたいから自分の車で逃げるという人で
道路が溢れかえって大渋滞する、なんてことにはならないと思う。
そういう状態で「落ち着いて」と言われればこちらも落ち着くしかない。

それが、「安全です」「ここは大丈夫です」と言われてたところが
いきなりヤバイとなるから大渋滞で誰も逃げられなくなる。

そういうことために消費税上げさせてくれって国民投票したら
まず間違いなく通るよ。
つーか俺は一生国家のために尽くすことを誓うよ。
だからやってくれ。頼むから。

最終的にどれぐらいの面積が腐海に沈むのかはよくわからない。

また、福島にはチェルノの何倍もの核燃料があるから、
いくら封じ込めようが漏れ出すモノも数倍だ。
うまく封じ込めれば漏れ出すモノは軽い気体だけで済むだろう。
ヨウ素は幸いにも半減期が短いから、太平洋上で無害化してくれる。
セシウムはどんどん溜まって行く。
他になにが漏れ出すんだろうな。プルトニウムは漏れないでいてくれるのかな。

下手すると今後何万年単位になるんだろうか。
それとも怖いのはセシウムぐらいなんだろうか?
ともかく、世界中の人々の中で癌や白血病になる人々が増える。
どれぐらい増えるかはよくわからない。
子供や若い人の癌が増えるんだろう。
その確率は福島に近ければ近いほど高くなる。

けれど。

なんというか、「何の手の施しようもない」状態には
ならないんじゃないか、ということだ。

どころか、ものすごく手を施す必要がある。
まず、放射能に敏感な子供たちに優先的に安全な食物や水を与えること。
避難というか移住しなければならない人たちを国中が一つになって支えること。
作物の汚染に対して、根本的な対策をすること。
農家の人たちにも移住してもらうしかないのかもしれない。
安全な土地における農業を、やはり国中が一つになって支えること。
水や食物の検査を怠らないこと。政府は正直な数値を発表した上で、
基準の変更に国民のコンセンサスを得ること。
そういう体制をしっかり作らないと、
突然「ただちに」からぶちこまれると
それこそ国民がパニックを起こして国が壊滅する。

もちろん、今地震の直後で大変なんだろうというのはわかる。
別に政府の弁護をする気はまったくないが、
恐ろしく大変なんだろうとは思う。

でも政府も腹くくってくれ。
管さんも絶望するぐらいなら一ヵ月後辞職する覚悟で
全力で動いてくれ。
みんなすごい疲れてるんだろうが、だからこそ
アホなことにエネルギーを費やしてる場合じゃない。

あんな人を小ばかにしたような会見ばっかりやってちゃいけないだろ。

しつこいようだけど、小さい子供がいる人や妊婦さんは、
福島から風下のできるだけ遠いところに
移動する伝手や生活の余裕があるなら移動したほうがいい。
いざというときに緊急輸送されなければならない人員は
少なければ少ないほど、順調に進むから。

こういうのも政府がしっかりしてたら、
みんな信じて離れるんだと思う。
残していく家族も友達も大丈夫だと信じられれば。

今政府も東電もまっっっっっっっっっっっっったく信用できないもんなー。

だから不安なんだよなあ。

というわけで、やはり今は政府にプレッシャーをかけつつ、
自分たちでできることをしておくことなのかもしれない。
関東東北の方は、ご近所さんネットワークの強化とか。
地震があった直後にもFBで言ったけど、
マジ最終的に一番頼りになるのはご近所さんだろう。

うーん今のなんだったんだろ…


CNICの緊急会見を見ていた。

首相官邸が公表した11日のデータから、
一号炉では大きめの配管が壊れて冷却水がいっきに全部漏れ出すという
「冷却材喪失事故」が起こっていたことを示す証拠とされる内容が発見された。

この手の事故は世界でも前例がなく、原発にとって最悪の事故シナリオ。
しかもこのとき福島原発はECCS(緊急冷却システム)が作動しなかった、という
状態にあった。

つまりこの時点ではチェルノブイリをはるかに上回る大惨事になる可能性が高かった。
これはデータを見ればプロなら誰でも推測できる話であるらしい。

現場の東電社員は上に報告したのか?東電は保安院に報告したのか?政府には?
したのならばなぜ緊急避難措置がとられずに
「安全でーす。もう大丈夫でーす。いやー、まだ建ってるなんてすごいですねー」
とテレビで連呼している人々がいたのか。

東電は「大丈夫でーす。がんばってまーす」と言いながら冷却をした。
結果、水素爆発が起こった。
しかし、この水素爆発は下手をすれば格納容器を吹っ飛ばしていた可能性もあり
(なぜなら格納容器は水素爆発に耐えるように作られてはいない)
そしたらチェルノになっていた可能性もあった。
たまたま、運がよかったから格納容器の破損はわずかで済んだということだ。


で、まあこれ自体は、今すぐ緊急報告会を開くほどか、という内容でもある。
燃料棒の露出や炉心溶融に関しては、一応東電も認めている。
ただ一番ヤバイときには誰も知らなかった。
そして運良く最悪の事態にはならなかったという話。


わたしが、今一応最悪の状態は避けたな、と思っていたのは、
17-18日ぐらいの頃だったと思うけれど、
アルジャジーラで「溶けて炉の底に沈んだウランが容器を溶かしたとしたら
24時間で溶かしきる」と誰かが言っていた気がした。
で、二十日ぐらいになって世界がまだあったので、
最悪のシナリオは回避したんだと思っていた。


しかし、今日の田中さんの話は今もメルトダウン進行中でーすって感じだった。
しかも、たぶん三号炉でも同じこと起こってまーす、という感じだった。
そうとはっきりと言わずに示唆できる限りの範囲で示唆していたと思う。


だとすると、明日明後日にいきなり一号炉だとか三号炉だとかの底が抜けたり
するんだろうか。

両方、タービン建屋にまで水が漏れてるんだから、原子炉の下にもプールができてると思われ。
溶けた燃料がそこに落ちると、水蒸気爆発?チェルノ級?



昨日の記者会見見て安心してたのになー。

でもなんか、ものすごい言いたいこと言わせてくれてません的雰囲気は出してたんだよなー、
外人記者クラブの会見。アレを仕切ってたイギリス人のおっさんは誰だったんだろう?
クリスティーズのオークショニアかなんかみたいな感じだったけれど。

今日の崎山先生の会見を見て確信した。昨日とかなり違うこと言ってる。
やっぱり言いたいことは言わせてもらえなかったらしい。
それで言わないでいてしまったことへの反動もあるんだろうか?
今日は言いたいこといってくれたなー、二人とも。田中さんも。


で、どうしましょうね。
10に行く可能性はまだあるみたいですよ。現実的に。

ってそれ、どうしようもねえよな。
そうなるとむしろ。

プロフィール

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。