スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄海再稼動関係1 原発:夏前ありき「安全宣言」…再稼働要請へ (6/19)

7月7日現在、九電のやらせメールスキャンダルの拡大がもとで、
玄海原発の再稼動は見送りが濃厚となってる。

九電のやらせメールという単発のスキャンダル自体は
比較的他愛ないもので、
それよりずっと問題なのは、
安全確認がほぼ全く行われないまま
原発が再稼動されようとしていたということ。

これは原発維持・推進を支持する人にとっても問題だろう。

わたしは正直、このまま再稼動に持ち込まれると思っていた。

九電工作のニュースを見てからも、それが再稼動停止に結びつくとは思わなかった。

しかし今回、一時的にであれ再稼動は見送りとなっている。

どういう流れでこうなったのか、考察する価値はあると思う。




まず6月18日、海江田経産相が

「各原発ではシビアアクシデント(過酷事故)対策が適切に取られている」

として自治体に原発稼動再開を要請。

原発事故:定検で停止中の原発、政府が再稼働促す 毎日新聞 6月18日 11:44

調査は原子力安全・保安院が7日、電力会社など11事業者に対し、
(1)原発の中央制御室の作業環境の確保
(2)停電時の原発構内での通信手段の確保
(3)放射線管理のための体制整備
(4)水素爆発の防止対策
(5)がれき撤去の重機配備--の5項目について状況を報告するよう指示。さらに各原発への立ち入り検査を実施した。


この時点で福島からはかなりブーイング。
宮城県知事は「一定の理解」
橋本知事は…
大阪府の橋下徹知事は18日、海江田経産相の発言に「時期尚早だ。海江田経産相や経産省のみなさんが原発の周辺に住めばよい」と批判。「福島第1原発事故を収拾できていない政府が、安全を言うのはどういう思考回路なのか」と述べた。


これは毎日のまとめ記事。6/19

  原発:夏前ありき「安全宣言」…再稼働要請へ

だいたい要約すると、

・「定期検査に入る原発がどれも再稼動できないとなると、電力不足と産業の停滞が不安」by 政府

・でも「何を持って安全とかぬかしてるの?」という内容。

ちなみにグーグルニュースを「海江田 再稼動要請」、で6/18-6/20に絞って検索すると、

「何が安全だよふざけんな」というブーイングの嵐。

たかが11日で完了しちゃった「安全確認」の内容は上にも挙げた五点。

「その他の安全基準に関してはどういった想定をするかも含めて」「中長期的に」考えて行くらしい。



毎日はこれを対症療法と非難したけど、それ以上にこれ、メルトダウン後の対症療法なのが

とっても気になります。メルトダウンそのものを回避できそうな対策はあるんすかね。

いくら水素爆発防いでもメルトダウンしちゃうとその時点で水蒸気爆発あるいは核爆発は

運まかせなわけでしょ?



それを、何メートルの津波とかどれぐらいの地震とかならこれらの原発が

大丈夫であるべきなのか、をこれから三年五年かけて考えて行く、ということらしい。

呑気とかバカとか越えて、自滅願望の発露に見えてくる。


スポンサーサイト

3号機の温度


昨日の昼から、新しいプラントパラメータが出て来てない。

11時の会見では資料として3号機の温度が配られたみたいなんだけど、HPにはアップされてこない。


15日11時までの温度変化を見ていると、その時点では全体的に

「何度か一時的に部分が下がったこともあるけれど基本、上昇している」といえる。

これまで放水量を増やしたりなんだりして対応してきたけれど、

それでも上がっているようだ。



300度の設計温度を一時超え、その後一時ちょっと下がったもののまた300度に近づいている

RPV胴フランジ(日付列含めて左から四列目)は、後藤さんの説明によると

弱い部分のひとつだった気がするけれど、何度ぐらいで損傷が始まるのかは覚えていない。



で、そういう状況で情報公開を止める。



それって、やっていいことなんだろうか?



これが400度500度になってくると、大規模な放射能漏れもあり得る状況で、

その情報を隠匿する、というのは、許されることなんだろうか。



これ、国民が裁判所に仮処分命令とか要求したらどうなんだろう?

何時間おきの何と何と何のデータを公表すべし、という。

企業が内部情報の流出を理由に、2chにログ提出を求めて仮処分命令とれるわけだから、

これはなんらかの法律を根拠に(憲法なんだろな、こういう場合)要求できる気がする。

計器不良の場合もその旨と計器不良と判断される根拠を明示した上で、

その時点での数値をちゃんと公表するような。



うーむ。今動いているどこぞの弁護士系団体にでも打診してみるか?

でも、できるなら彼らがもう気付いてやってる気もするけれど。







CNIC emergency conference summary


My most trusted source of technical info on this nuclear incident has been Dr. Goto.
He's an ex-Toshiba engineer, a designer of nuclear reactor containment vessels.

He's made a series of presentations explaining what he believes has been happening at the Fukushima plant, making it very clear why he believes so.
He's been saying for some time that the reactor cores probably have been breached, based on data released by TEPCO and the gvt.

Recorded temperature and pressure levels contain figures seriously exceeding their design values.
For instance, the pressure on the containment vessel in reactor no.1 has reached 0.8MPa, when the vessel is only designed to withstand up to 0.4MPa. (Under normal operation pressure is 0.1MPa)

TEPCO argued that the pressure vessel is made of thick steel and is solid. Goto san then released data from stress-tests performed on flanges and gaskets. It clearly showed that they leak when exposed to the kind of tempreture and pressure. Highly radioactive water found on the floors of reactor buildings 1 to 3 is the evidence.


He and ex-Hitachi engineer who managed a team working on No.4 reactor at Fukushima, Tanaka-san, held an emergency press conference on the evening of 26th Mar 2011.

From the info released by the PM's Residence, they've discovered data suggesting reactor no.1 experienced a total loss of the reactor coolant, probably due to a rupture on at least one of the main pipes on the 11th.

Supposing that one of the main pipes did rupture. Inside the pressure vessel during normal operation is around 270 degrees Celcius and about 7MPa. So this high-pressure steam would pour out from the pressure vessel into the containment vessel, raising the pressure of the containment vessel.The pressure inside the pressure vessel would drop, as well as the water-level inside the pressure vessel.

The graph Tanaka-san has plotted from data released by the PM's Residence shows just that happening to reactor No.1 few hours after the earthquake. Tanaka-san says any engineer monitoring these figures at the site totally would and should have been able to spot what happened.

'The sudden loss of coolant inside the reactor is the worst nightmare for nuclear reactors,' says Tanaka. 'It's never happened before. And as if that wasn't bad enough, ECCS didn't work.'

The control rods were inserted and nuclear fission chain reaction was stopped.
However, even when the chain reaction is stopped, uranium and the fission products continues to undergo radioactive decays, producing enormous amount of heat (spent fuel rods must be cooled inside circulating coolant for 2-5 years). When exposed, fuel would produce enough heat to melt itself.

Normally under such circumstances, emergency coolant circulation system would kick in to keep the fuels cool. But this time the system didn't work due to power-cut and the loss of generator by the tsunami.

TEPCO used to boast about its 5 layers of shields against radiation.
1. Zirconium casing around the fuel rod
2. The pressure vessel
3. The containment vessel
4. The reactor building

Where's no.5....?
Oh, oh yeah, I fotgot! No.1 isn't Zirconium casing, it's the fuel pellet itself.
I don't know how a lump of radioactive substance can shield radioactivity, but that's what TEPCO says so there.

Zirconium melts at about 2000 degrees celcius. It also reacts with vapour to produce hydrogen. So it's at a serious risk when coolant is lost from the reactor.
If coolant is lost from the reactor then the pressure vessel is already breached.
The containment vessel is most definitely damaged after the high-pressure steam had hit it as shown by stress-test data.
And the reactor building... I don't know if you remember watching the news of reactor building blowing up, but I'm sure the experts have explained that the building isn't there to contain radiation anyway so that was OK.

It means radiation isn't contained whatsoever. Which makes the plant very unsafe.
More over, if Zirconium did melt, it could cause hydrogen/vapour explosion and severely damage the containers. Reactors aren't designed to withstand a hydrogen explosion. If containers get severely damaged, it could've been another Chernobyl or a lot worse.

Apparently, if you were a pro and you saw the data these are the things you would instantly think about. But they only kept calling for calm, only evacuated people living inside 3km radius. The evacuation zone was expanded to 10km then 20km next day AFTER the hydrogen explosion.


He said there were two implications, one is social and one is technical.
The social implication, if I may summarise in my own words, is that the government or TEPCO can be trusted to give you a warning when there are serious risks. In fact, they're more likely to be giving you an impression that everything is OK.

The second technical implication he made wasn't too clear to me. He talked about the possibility of one of the pipes at a relatively low position in the reactor being ruptured. That would mean all the water you pump in will leak out through the rupture.
He also talked about the increased likelihood of molten fuel gathering at the bottom of the pressure vessel. He seemed to personally believe that the molten fuel was melting down the pressure vessel as we speak.


It freaked me out for a good day.
But I'd come to believe (perhaps because I want to) that the world will not end quite yet. Not sure how bad things will get, but I think the process is likely to be a slow and gradual one - which means we can do things about it. It may come to that the whole world will have to come together to make sure our children are safe or the survival of whole human race will be threatened.
There really is no time to waste on freaking out - there's so much to do.

The evacuation zones must be adjusted according to possible imminent dangers and SPEEDI forecasts.
People outside the evacuation zones should also be prepared to evacuate if they need to.
The government is probably overwhelmed with humanitarian operation and the nuclear power plant, so it will have to be a bottom-up effort. Local communities will have to take the initiative in making evacuation plans, and we must get the government to support that.

I believe that with the current unity and resilience the Japanese people are showing, (which is now directed at silensing people who speak up against the dangers of nuclear power) it is possible to organise something like that, but TEPCO's got to stop playing a silly game that nobody, even themselves, don't find funny anymore. And the government has to start exhibiting some real leadership.

We can do this. We can over come this and make the world a better place than it was before the earthquake and make something positive from this devastating tragedy.

But the first step is transparancy - we all need to be on the same page.



すげえな東電


今海外のPRコンサルタント(メディアの質問をどううまくはぐらかすかを
テレビに出なきゃいけなくなった大企業役員とかにトレーニングしてくれる)は
東電と保安院と政府の会見をしっかり見るべきだろう。

特に東電の武藤副社長は見事だ。
まず、抑揚のないくぐもった声。なに言ってるかよくわからん上、
まったく集中力を喚起しない。どころか拡散させてゆく。
あれは一種の才能だろう。

「なんで俺がこんなトコでこんな奴ら相手にしてなきゃいけねえんだよ」
というオーラの格納容器には少々破損があるらしい。
たまに生意気なことを言う記者を睨んだりする目には
なかなかの迫力が感じられるので、
あの喋り方は演出だろう。

この状況であんな目でにらまれたら、
わたしならどついてしまうかもしれない。
傷害でつかまりたくはないので
便所スリッパで顔をはたくにとどめたいが。

東電の広報担当諸君も、なかなかやってくれる。
橋龍もどきのまるで転んで泣いてる子供相手に
「そうか、痛いか、かわいそうに」
とでも言いたそうな表情を作っているのが、
その「いかにも演技です」ってとこから
奴の面の皮の厚さをひしひしと感じる。
海外のエリートは絶対バカのふりとかはしたがらないから
ここまで質問に答える能力がないことを露呈したがらない。
しかしバカのふりをすることで逃れられる追及がある、
というのはPRコンサルティング業界の新たな常識になるかもしれない。

そして東電、保安院と政府の連携プレーは
まさにキリスト教の三位一体並に正体不明である。
「大丈夫大丈夫」と「本当はヤバイ」というニュースの
混ぜ具合が絶妙で、さらに誤報だの個人的解釈だの、
真面目に追っていると腹がたってきて相手にしたくなくならせる辺り
なかなかすばらしい。

国民もいいかげんに不信を抱いたりしてるようだけれど、
原子力危機がこれだけ続いて、
隠蔽、隠蔽、事故、隠蔽、状況の悪化、誤報(虚偽?)、が続いて
暴動が起きてない時点で不思議なぐらいなんじゃなかろうか。

よくこいつらが上で指揮とっててまだ日本が死滅してないもんだと
関心していた。
ひょっとすると現場にはすげー男前な親方がいたりするかなー、
と昨日辺りからなんとなく思っていた。

なんだかんだいって、俺が責任取るからって
腹括って覚悟決めて動いてる人がいるような気がしていた。

やっぱりいた…?

http://diamond.jp/articles/-/11628

吉田所長~!!!!!!!!!

チクショウ。たぶん現場には今こういう人たちがいるんだよな。
なんでその人たちが命かけてやってることをこうも
無残に踏みにじるようなことができるんだろう。

よくわからない感じで建設的になってみる


昨日の緊急会見以来、一日右往左往していた。
できもしない計算をしてみたり。
明日帰るってのに荷物も作ってねえ。チケットも変更してねえ。
本当に明日帰るんだろうか?かえらなそうだなー(笑)


さっきフルメルトダウンが起こった場合をリアルに想像してみた。
先に結論を言ってしまうと、けっこう落ち着いた。
なんというか、フルメルトダウンとか再臨界とか言われると
怖すぎて思考停止してしまうが、そのせいでよけい怖いわけで。
ちゃんと考えてみれば、けっこう落ち着ける。


よくわからないのは、ホウ素を混ぜた使用済核燃料を
その辺で空気にさらしてたらいったいどうなるんだろう、という点。

崩壊熱が半減した後も万年単位で相当の熱量を維持していくという燃料だが、
キロワットとかキロカロリーで言われても見当がつかん。
でもまあずっと放っておけば溶けるよな。気化したりすんのかな?
うーん、原子力ってやっぱりよくわからない。
しかしまあ、そこまで最悪の場合になったらチェルノみたいに
液体窒素ぶちこんでコンクリで固めるのか。

フルメルトダウンが運悪く風向きの悪い日に当たりさえしなければ、
上手くいけば東京も比較的無事でいられるかもしれない。
半径二十キロが妥当じゃないことはSPEEDIの試算からも明らかで、
そんだけ意地と金をかけて開発してきたんだから
SPEEDIの試算に合わせて避難範囲を(円は描かないでいいから)
変更しておくことぐらいはすべきだろう。

そして予備的に、その外の地域にもヨウ素剤などを配布し、
住民にはいざというときには避難できる体制を整えておくこと、
自治体に住民を避難させる体制を整えておくこと、
なんかが必要なんだけど、
まだ「救助」の段階を抜け切っていない地元では
まあそんなことできんわな……。

いや、でもだからこそ。
今地元の人たちがお互いを確認して、
誰が避難してて誰が残ってるのか、
残った人たちをどうやったら効果的に輸送できるかとか
(どの車に誰が乗るか、できるだけバラバラに
逃げる人たちがいないように)
いざというときに必要なガソリンの量を計算して
国がそれを用意しておくとか、
地域に出入りしている運輸会社とネットワークを
作っておくとか
そういう手立てがものすごく必要になってくるんじゃないか。

それをやってくれていれば、いざというときに
どうしても自分は全財産持って逃げたいから自分の車で逃げるという人で
道路が溢れかえって大渋滞する、なんてことにはならないと思う。
そういう状態で「落ち着いて」と言われればこちらも落ち着くしかない。

それが、「安全です」「ここは大丈夫です」と言われてたところが
いきなりヤバイとなるから大渋滞で誰も逃げられなくなる。

そういうことために消費税上げさせてくれって国民投票したら
まず間違いなく通るよ。
つーか俺は一生国家のために尽くすことを誓うよ。
だからやってくれ。頼むから。

最終的にどれぐらいの面積が腐海に沈むのかはよくわからない。

また、福島にはチェルノの何倍もの核燃料があるから、
いくら封じ込めようが漏れ出すモノも数倍だ。
うまく封じ込めれば漏れ出すモノは軽い気体だけで済むだろう。
ヨウ素は幸いにも半減期が短いから、太平洋上で無害化してくれる。
セシウムはどんどん溜まって行く。
他になにが漏れ出すんだろうな。プルトニウムは漏れないでいてくれるのかな。

下手すると今後何万年単位になるんだろうか。
それとも怖いのはセシウムぐらいなんだろうか?
ともかく、世界中の人々の中で癌や白血病になる人々が増える。
どれぐらい増えるかはよくわからない。
子供や若い人の癌が増えるんだろう。
その確率は福島に近ければ近いほど高くなる。

けれど。

なんというか、「何の手の施しようもない」状態には
ならないんじゃないか、ということだ。

どころか、ものすごく手を施す必要がある。
まず、放射能に敏感な子供たちに優先的に安全な食物や水を与えること。
避難というか移住しなければならない人たちを国中が一つになって支えること。
作物の汚染に対して、根本的な対策をすること。
農家の人たちにも移住してもらうしかないのかもしれない。
安全な土地における農業を、やはり国中が一つになって支えること。
水や食物の検査を怠らないこと。政府は正直な数値を発表した上で、
基準の変更に国民のコンセンサスを得ること。
そういう体制をしっかり作らないと、
突然「ただちに」からぶちこまれると
それこそ国民がパニックを起こして国が壊滅する。

もちろん、今地震の直後で大変なんだろうというのはわかる。
別に政府の弁護をする気はまったくないが、
恐ろしく大変なんだろうとは思う。

でも政府も腹くくってくれ。
管さんも絶望するぐらいなら一ヵ月後辞職する覚悟で
全力で動いてくれ。
みんなすごい疲れてるんだろうが、だからこそ
アホなことにエネルギーを費やしてる場合じゃない。

あんな人を小ばかにしたような会見ばっかりやってちゃいけないだろ。

しつこいようだけど、小さい子供がいる人や妊婦さんは、
福島から風下のできるだけ遠いところに
移動する伝手や生活の余裕があるなら移動したほうがいい。
いざというときに緊急輸送されなければならない人員は
少なければ少ないほど、順調に進むから。

こういうのも政府がしっかりしてたら、
みんな信じて離れるんだと思う。
残していく家族も友達も大丈夫だと信じられれば。

今政府も東電もまっっっっっっっっっっっっったく信用できないもんなー。

だから不安なんだよなあ。

というわけで、やはり今は政府にプレッシャーをかけつつ、
自分たちでできることをしておくことなのかもしれない。
関東東北の方は、ご近所さんネットワークの強化とか。
地震があった直後にもFBで言ったけど、
マジ最終的に一番頼りになるのはご近所さんだろう。

プロフィール

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。