スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低線量被曝とか内部被曝とか関連の対立について パート3

うわあ、びっくりした。

わたしがまったくアクセスしていない間にも毎日たくさんの方が見にきてくださってたみたいで、

すみませんです、はい。


今ひっさびさにブログ書いてる時間があるのでホーチミンより連続投稿でお送りします。


前回と前々回のエントリは順番が逆だったかなって感じです。

・対立構造を乗り越えたいけど乗り越えられない

・自分の偏見の根源のひとつ(原爆症問題)

という風に持ってきたほうがよかったかな?


で、書いて意味があるのかよくわからないんだけど、

もう少し自分の偏見の根源について話します。



たとえば、五重の壁。

「五重の壁がある」

「だから、放射能は外には漏れない」

「だから原発は安全」

とゆーのは、電力会社側の言い分だったんですよね。

つまりこれ、放射能が外に出たらヤバイって事は電力会社も認めてるわけですよね?

で、今回のは「ちょっと漏れた」んじゃなくて、レベル7な放出なわけですよね。

それで「大丈夫」はちょっとないんちゃうの、と思うわけです。


「そういう事言ったのは、反原発が騒ぐからだろ」と言う方もいるかもしれません。

それを電力会社の広報が言うならまだ理解できるんですよ。

でも専門家とか政治家とか官僚はそれ言っちゃダメじゃね?と思います。

本当にこんだけ漏れても焦ることもないほど安全なら、

間違ったイメージを作り出した広報は批判しないといけないだろ、と。

広報だけじゃなくて、これまでの安全基準も。

放射線管理区域とかね。原発作業員の被曝限度(年20mSv)とかね。

一番大事なのは、非常時の緊急作業の被曝限度(100mSv)かな。

原発の「非常時の緊急作業」が、国の存亡がかかってくる話だ、というのは

専門家の方々なら当然理解されてたと思うんですよ。

そういうときに100mSvなんて超安全圏な話してていいのかよ、

という議論は当然あるべきだったんじゃないんでしょうか。

それをしなかったのなら、危険視する人を批判する前に、

「原発が必要以上に危険なものとして認識されることを許してきたこと」に

対する反省があってもいいんじゃないかな、と。

一般国民でさえ、反原発唱える前にこれまで電気使ってきたこと反省しなきゃいけないなら、

確実にそうでしょう、と思うんですよ。


わたしが知らないだけかもしれないんですが、

原発事故以前に「五重の壁とか別にいらねーし」とか言ってる人

聞いたことないんですよ、まったく。

それでこうなってから、「いやいや、全然大丈夫だから」って言われても、

信じられないでしょ?それも少数派なんですかね?



中には、そうじゃない、今回の事故は確かに深刻、

原発に関してもちゃんと色々考えなきゃいけない、

でも一部の人は大げさ。たとえば関東圏で騒ぐ必要はない、

という方々もいらっしゃいます。

それはまだ、だいぶ納得行くんですよね。

私もETVだったかな、あれでウクライナだかベラルーシだかの家族が

11万ベクレルのキノコを毎日主食にしてて、

でも赤ちゃんも今のところ健康だし、というのを見たときに、

ああ100ベクレルとかって本当に大したことないのかもな、とは思いました。



ただ、その人たちが、「危険」派の人たちを、

東電や政府以上に危険視して批判するのがわからない。

たとえば今回の水素爆発で格納容器にもっと大規模な損傷があったとか、

あるいは風向きが悪かったら、大都市に対して風上にある原発で起こっていたら、

日本存亡の危機とかそういうレベルの話になってた、という点、そして

そうならなかったのは、ならないよう対策が施されていたというわけではなく

「たまたま」運良くそうだった、という点は共通認識ですよね?違うのかな?

わたしとしてはそういう事が絶対に二度と起こらないよう対策とるのが先だと思うんですが、

政府の緊急安全対策は、だいぶ前に触れたけど必殺「屋上にドリルで水素爆発回避」ですよ?

そんなことしてる政府より、本当に、160ベクレルの桃が危険だ、

食べるやつ頭おかしいんじゃないって言ってる人たちのほうが有害なんでしょうか?



そう考えるとね、どれだけ専門的なことを言ってる人たちでも、

冷静じゃないんだな、と思ってしまうわけです。

どういう理由であれ。

それを責めたり批判するつもりで言ってるんじゃないんですよ。

ただ、そういう状況・視野で導き出された「安全」という結論が

果たしてどこまで信頼できるのか、という点にはやはり疑問が残り、

ある程度説得力を感じていても、

果たしてそれに自分の命預けられるかと訊ねられれば正直、ムリだと思うんですよね。

で、自分が命預けられない話に他人に命預けさせていいのか、という

ジレンマに陥ってしまう。



今のところ、低線量被曝や内部被曝に関しては、

できるかぎり多くの情報に触れた上で、

それぞれが判断して行くしかないんだろうな、と思ってます。

それをどう判断するかは、それこそそれぞれの人生観の問題なんですよね。

人それぞれ違う経験してるんだから、それぞれにとっての真実って

形が違って当たり前なわけで。

そういうレベルで分かり合えないかなあ…、と勝手な希望を持ったりしてます。









スポンサーサイト
プロフィール

Author:umi238
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。